teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:  投稿日:2014年 4月26日(土)03時42分15秒
  ふふふ  
 

五里霧中

 投稿者:かつての管理人  投稿日:2012年 4月 8日(日)22時42分58秒
  前回の内容からわかるとおり、今後の展望がかなり見えない今日この頃。
(前回の内容は自分でも読む気がなくなるくらいひどい。ごちゃごちゃ)
とても悩ましく、もやもや悶々として生活をしています。
今の28歳の現状はそんなに悪くない。だけれども、今後に繋がるような、
積み上げるような何かをできているのかと思うとそうでもないのかもしれない。
正直焦りを感じる。

何に対して焦るのか。
機会損失というか、今しなければならないベストなことが本当はあるはずだけど、
それができてはいないという意識である。それは何についてなのか?と問われると
自分の仕事に対してである。正直自分の会社が10年後も自分に給料を払ってくれるのかが疑わしい。
今のままのキャリアで、ほかの同業他社や似た業界、もしくは違う業界に必要とされるのかが疑わしい。

最近していること、注力をしていることは。
バンドのような活動。海外ドラマ。自炊。友人と過ごす時間。ちょっとした筋トレ。
だいたいそんなところ。最近海外ドラマ以外、勉強はおろそかです。

悩んだときは読書して、新しい視点や考え方、価値観を吸収するチャンスだな。
行き詰っているときは足掻いて足掻いて足掻きまくるに限る。
数えてみたら30歳まで617日くらい。もうそんなにも迫っているんだな。時間はあるようであまりない。
どのような30歳代の生活を送ろうか。その助走をしときたいものだ。

ここまで書いて終えるつもりだったけど、ちょっと新たな考えも。
友人と過ごす時間やバンドのような活動から、いろいろと考えることも増えた。
なんとなしに生活に彩りが出るのも否めない。それはそれでいいことだ。
仕事だけが人生ではない。
幸せや楽しさの分量として、友人との飲みや語らいが大きな部分を占めている。
それは今後もとても重要なものだ。
新しい活動や思い出の共有で、今までの関係も濃くなったり、形を変えて深化することもある。
自分の役割や得意なところを伸ばすことも大切だ。仕事だけではなく友人関係においてもそう。
そういった視点から、新たな発展があったのも確かなんだと思う。何も積み上げてないわけではなかった。
実際、自分は人から影響されやすいから、そういうかかわりは本当に大切だ。

もうちょっともぞもぞしながら、新たな自分の構成要素を練っていきたい。
同時期に持てる&伸ばせる要素はある程度限られている。そして時間も限られている。
無理なく、かつ、とても濃い時間を過ごして行きたい。
 

キャリア迷子

 投稿者:かつての管理人  投稿日:2012年 3月28日(水)22時46分47秒
  どうなの今のキャリアー!!?って思ったので書いてみる。
もう完全に思いついたことの羅列。読みやすさ軽視。いや無視。

自分の今の業務について
もうじき5年目となる社会人生活。どうも将来がいまいち見えないぞーと思います。なんでもやもやしてるかって言うと、もう4年もやっているけど、コレは自信ある!という何かしらのスキルみたいなものがついている実感があんまりない。この分野は詳しいぜ!とか、これならまかしとけ!みたいなものってない。あるのは、こういう仕事やってました、こういうプロジェクトに入れてもらってましたとか。いまいち、こう、コレ極めてまっせみたいな実感がない。
たぶん、日々の業務をなぞってはいるが、深く掘り下げるほどにはぜんぜん達していないということなのか。それと、深く掘り下げたところで、これつぶしが効くのか?この仕事。みたいな事もある。そんなこんなで、正直お給料分、自分はがんばってるのか?と思ってしまう。
もう5年。流されるように仕事をしてしまっている。もちろんその中でつかんだこともあるんだけど。
もっとしっかりと一人前にならんといけないな。周りの人たちに甘えて世話になってばっかりだわ。
自分でこう色々と考えて、周りの人をいい意味で利用させてもらって、もっと貪欲にならんと。仕事をもらおう。いろんな人と仲良くなろう。知識とか経験とかをどんどん盗もう。
あなたは何ができますか?という質問にしっかりと答えられるようにならんと。

会社の将来について
正直縮小していると思う。会社というのは、自分が属している米系証券会社の日本法人の話。アホほど儲かっていた時代は過ぎていて、どんどん日本で金稼ぎをするうまみが少なくっているようだ。そういう流れから、日本でやる必要のない業務はどんどんコストの安い途上国へとアウトソースされている。
アウトソースは世知辛い。自分の業務を他の人に教える体制を整える作業は、自分の墓を掘る作業ですよ言ってみれば。でもそれが仕事。アウトソースは実は結構リスキー。コストが安いイコール、ほかにもその労働力を求める人はいるわけでして。比較的安いから、ちょっと上乗せとかも提示できる。そうなると、そのコストをもらうひとはどんどん仕事を帰られる。上限が飽和状態になるまでそうなるんじゃないかと。その一方で、日本語の業務ができる&アウトソースの仕事をできる人はどんどん多くなるか?といったらそうでもない。ある程度できるようになると、アウトソースより上級の仕事をやる人も出る。そうなると、そこまで日本語ができないちょっといまいちな人材が残る。そういった意味でアウトソース業界は不安定かつ質の維持がむずかしそう。実際そうなんじゃないか。いやそうだ。アウトソースはなんだか大変だ。どれだけ長く続けられる体制なんだろうかと疑問に思ってきた。いずれアウトソースをされる国になったりするのかもしれないぞ。そうしたらそうしたで逆に夢があるのかもしれないけど。
アウトソースのほかに、システム対応という観点もある。手作業はどんどん減らしてシステムをどんどん導入する。そうなってくると必要になるのはシステムアナリストと上手いこと用件定義やら設計やらを詰められる人が必要。業務のフローを理解し、関連する法律を理解し、簡単なシステムのロジック(できることできないことを理解する程度)を理解し、そのうえであるべきシステムの完成系を詰められる人。それと、システム導入のテストプランニング、スケジュール管理、進行チェック、ミーティングを開催、それらをすすめる人も必要だ。それに加えてテストする人も必要。

なんだか地味な話だなぁ。なんにも夢がねえや。
でもこういう地道な役割がたぶん自分は向いているんだろうな。そう思う。営業はたぶん無理。

なんだかまだまだもやもやが頭の中に残っている。むしろ増えたような気が。。。ぜんぜん整理がついていないなぁ。明日もちょっと考えよう。
 

頭痛の話

 投稿者:かつての管理人  投稿日:2012年 3月18日(日)13時33分3秒
  僕は中学ごろから頭痛持ちである。

高校からバファリンは常に持ち歩いていて、じきにバファリンが利かなくなった。現在は鎮痛剤としては、マツキヨで売っているエミリーEVというイブプロフェン系の鎮痛剤を使っている。

頭痛のタイプとして、緊張型頭痛と片頭痛と群発頭痛と、色々あるみたいだけど、どうも自分は緊張型頭痛と片頭痛を持っているらしい。高校からずっと、頭痛→鎮痛剤、という対処法を取っていた。けれども鎮痛剤に頼るのも若干副作用などのリスクあるので、ここ1年くらいで色々と文献等を読んで原因を調べてみた。そもそも頭痛という現象はまだわかっていないことが多いらしい。いろんな説があるみたいだけど、原因はこれ!対処法はこれ!というように決まっていないとの事。それでも色々と試しているうちに、自分の体の実感としてわかってきたことも多く、鎮痛剤を使う頻度も減ってきた。あくまで僕の感覚であり、通販番組などの「使用者の感想なので、効果は個人差があります」という類のものである。

まず、頭痛のタイプだけど、緊張型頭痛と片頭痛も両方とも起きているというのはようやく最近気づいた。以前はそれぞれの解説を読んで「なんだよどっちもあてはまってるじゃないか。オレの頭痛は新種の頭痛なのか?対処法はないのか?俺死ぬのか?」とかおもってたけど、両方があてはまるって思考が欠けていた。

自分の頭痛の感覚と、それぞれの対処法、その理屈についてちょっとまとめてみる。
頭痛は脳内の血管が作用しているとの事。三叉神経血管説という説を自分は支持していて。それを下に血行説明が付く気がする。
何らかの原因で、頭部の血流が通常以上に広まると、三叉神経という頭部の大きな神経に炎症が起きるとか。それが頭痛になると。また、逆に何らかの原因で頭部の血管が通常以上に狭まると、収縮はそれ自体では頭痛にならないが、人間の体の作用として、収縮が起きるとそれを何とかしようとする働きが生まれ、その後過剰に血管が広がり頭痛になるという。

緊張型頭痛
原因→睡眠不足、頭と首の筋肉緊張(筋肉痛)、ストレス(首から頭部への血行が悪くなる)
よく起きる状況→仕事中の午前中に予兆あり。(説明がしづらいが、ちょっと頭が締め付けられる感覚。痛みはナシ)昼ごろからズキズキと痛む。4時間前後続く。
対処法→予兆時にマグネシウム錠剤(血管拡張作用あり)を服用すると、頭痛になりにくい。締め付けられる感覚が収まる。

片頭痛
原因→過度のリラックス(血管の拡張)
よく起きる状況→休日などいつもより寝た翌朝(筋トレした後だったり、極度の疲労で寝まくったり)
対処法→コーヒー(血管収縮作用あり)。

という感じである。ちなみに二日酔いの頭痛も頭部の血流が作用しているとか。こちらはまだちょっと調査中。アルコールが分解された後、アセトアルデヒドになり、それが血流に作用したり、マグネシウム等を排出させてしまうとか、いろいろ。

以前は、緊張型頭痛のときにコーヒーを飲むと、頭痛が悪化していた(余計に血管が収縮するとか)。また逆に、片頭痛のときにマグネシウムを飲んだけど、ぜんぜん効かなかったりもした。それぞれのときにそれぞれの対処法があるということをなんとなく理解してきた。そのおかげで、鎮痛剤を服用する回数がかなり減ったと思う。

マグネシウム錠剤はネイチャーメイドを飲んでいる。マグネシウムは血管を拡張させたり、ストレスを軽減させる効果がある一方、多く服用するとおなかがゆるくなるという効果もある。故に下剤としても使われているようだ。自分はマグネシウムが慢性的に不足している体質なのかもしれない。それに加えて、人より神経質なところがあるからそういう性格も関係していると思われる。あと、首が細くて長いというのも頭部に負担がかかって頭痛になりやすいとか。

まあ、それでもうまくコントロールができないときは鎮痛剤のエミリーEVを飲んでいます。イブプロフェン系とのことで、比較的強い薬だけど副作用も少ないとか。ちょっと心臓疾患、喘息について副作用があるみたいだけど、逆にアルツハイマーになりにくくなるという効果もある?らしい。

頭痛になると、収まるまでは何もする気にならなかったり、時間を浪費させてしまったり、仕事に支障が出たり、ほんと憂鬱である。自分の体に対してもっと注意を払って、科学的に納得がいく処方でなんとかうまく付き合って生きたいものだ。

頭痛じゃない人にとってはまったくどうでもいい、長い話になってしまったな。
 

はてしない物語

 投稿者:かつての管理人  投稿日:2012年 3月11日(日)20時49分47秒
  久々の友人としばらく近況報告をした。
そこでかえって浮き彫りになったことは、近い未来について、現状あんまり明るい話題が身近にあまりない、ということだった。

日本の経済が縮小していったり、人口が減り、高齢化が進み活気がなくなっていったり、雇用が減っていったり、資本が流出したり。そんな暗いイメージにぶちあたる。
そんな暗い話はまったくするつもりもなかった。そういう話になってしまったことに驚いている。普段ほぼ無意識に思っていることが口をついて出たということなのかもしれない。

その後の帰り道、ちょっと色々考えてしまって気分がちょっと沈んだ。でも、いくら悲観しても状況はまったく変わらない。無意識にやばいと思っている状況についてしっかり対処するしかないんだろう。自分ができることを少しでもやるだけだ。

虚無に飲み込まれないように。「汝の欲することをなせ」
 

無意識

 投稿者:かつての管理人  投稿日:2012年 3月 7日(水)23時23分55秒
  無意識になってしまうことはとても怖いなと思った今日この頃。
テレビみたり、通勤したり、ご飯炊いたり、コンビニ行ったり、仕事したり。
ある程度生活のパターンというか、時間割というか、そういうものは強く意識しなくても流れていく。
そういう状態が半分無意識のような気がしている今日この頃。

後で考えたりして、ホントに自分は自分の意思で選択して、行動していたのか?という問いかけに対して、YESとははっきりと言えないような気がしている。決して集中してないというわけではないけど、なんとなく仕方なしにそうしているような感じ。
そういう生活は、昔の自分が望んで手にしたものであるのは確かなんだけども、今コレやりたい、ってことをやれないってのも事実。

まあ普通に仕事をしてお給料がもらえてるのでも十分恵まれているとは思うけども、もっと全体的に生活を充実させていきたいというの思いがあるのも事実である。もっと何かあるはずだと思ってしまう。

生活に追われて、考えることをやめて、いよいよ無意識に動くようになったりしたら、とても怖い。そうなったらもう死んでいるのと同じような気がしてしまう。誰かに操られて、ブロイラーのように生きるのは御免である。自分の心の底の声みたいなものに耳を澄ましていたい。

しかし、自分の心の声が年々聞こえづらくなったのも事実。うーん怖い。
 

意外と文字にする

 投稿者:かつての管理人  投稿日:2012年 3月 6日(火)23時47分28秒
  書きたいことそこそこあるもんだなぁ。Facebookには長々と書いたらうざったいだろうし、そんな知らない人も友達で入ってるし。
まだまだここ最近の心のもやもやをぶつけきれてないな。大体書ききったころに、また新たなテーマとか、ものの見方、発見があるだろう。主観のふりをした無意識を文字にすることで日にさらす。客観的に眺めたらまた違う、新しい意識が出てきそう。今はゴミがたまったフィルター掃除をしているイメージだな。

しかしiPhoneから書くと、誤字が多いな。。

あ、多分殆ど誰も居ないと思うけども、乱入OKなので、気が向いたらコメント残してってください。
 

緊張感と才能につい

 投稿者:かつての管理人  投稿日:2012年 3月 6日(火)23時12分26秒
  今日のテーマは緊張感。
生きてく上で一番欠かせないものだと思う。
前に松ちゃんが冗談半分で言ってたけど、日本中に十人、出会ったら本気でしばかれるてしまう奴がうろうろしてたら、ものすごく怖いけどいる意味生きている感覚が半端ではなくなると。
それは極端だけど、なにか常に危険や危機と隣り合わせのほうが濃密な時間になる。別に本当に危険じゃなくていい。自分の中で常に危機意識をを持てばいい。次はああしなきゃ、早くあれしなきゃ、時間がもったいない、そんな感じで。
自分は最近ほんと危機意識が低い。だらけきっている。このままじゃ茹でガエルのように、気づいたら茹で上がってしまう。

話は変わって、才能について。
また松ちゃんの話になるが、才能についてもとてもいい考察をしている。才能とは、勉強ができるとか、足が早いとか、顔がいいとかではない。自分自身を把握した上で、自分にとって本当に適した進むべき方向を見定め、なおかつそれに向かって集中する力こそが、本当の才能であると。
しかし、自分に適した進むべき方向って、なかなか見つけられるものじゃないよね。いろいろ一生懸命にやってみて、後で自分に向いてた!って思うこともあるだろうし。

というわけで、多分自分に今足りないのは一生懸命さだな。もやもやしてるけども、要するにこうやって文字を書いてもスカッとした文書にならないのは、自分自身に勢いが足りないからだな。昔の日記は、忙しくて突き動かされてるような時期のほうが面白い。

そんな感じで、本日はリハビリと健康診断のような日記です。はい。
 

音楽

 投稿者:かつての管理人  投稿日:2012年 3月 6日(火)00時59分32秒
  音楽は、乾いた生活に何処までも染み込む彩りを与えてくれる。
彩りはイメージとなり、イメージは目の前に見えている世界を変える。
見える世界が変わって見えたら、少しでも楽しい時間、ウキウキそわそわする時間が増える。
そんな力を久しく忘れていたんだなと、実感させられる今日この頃。
 

時の最果て

 投稿者:かつての管理人  投稿日:2012年 3月 2日(金)21時19分13秒
  この掲示板を作ってからもう8年経ったのか。なんだかとても違和感がする。
そんなに前だった気もしないし、そうでもない気もする。ここ4年は誰も書き込んでいない。ネット上の辺境。孤島。
時々考えたことでも書いていくか。ある意味プライバシーはばっちりだ。
 

レンタル掲示板
/21